薄毛

手術で直す方法

薄毛

AGAは一度進行が進むと放置していて治るという事がほとんどありません。原因をしっかりと追求して改善しなければ進行し続けてしまう厄介な症状です。早めのうちに対処していれば髪の毛が生えてくるチャンスもあるのですが、髪の毛の大半を失ってからの回復は中々難しいでしょう。回復が難しいのであれば、手術を受けるのが最適な手段として認知されており、クリニックなどでAGA専用の治療を受ける事が出来ます。手術にも種類があり、自然の状態で発毛が出来るように促す治療方法が一般的です。どの方法にしてもAGAを治療する事が出来ますが、値段や治療期間、手術回数などに違いがありますので、医師の方と相談しながらベストな方法を見つけましょう。

AGAの主な手術方法として、注射、ローラー、レーザー、針なし治療の四つがあります。注射するパターンですと、頭皮環境を整えるのがメインの方法となっていますので、栄養素が詰まった薬物を頭皮に直に注射します。ハリを使うので痛みもありますが、麻酔を使う事で感覚を鈍らせる事が出来ます。ローラーの場合は、かなり小さなハリがついたローラーを頭皮上で転がす治療方法となっています。小さなハリを刺しつつ、栄養の詰まった薬物を注いでいきます。ハリが小さいので痛みが少ないのが特徴です。レーザーの場合は、光で小さな穴を開けてそこから栄養素を流していきます。光を使用するので不思議な感じのまま治療が進む事が多いようです。針なしの場合は、まったく痛みがない治療方法と言われており、特殊な手法で直接栄養素を注入します。特徴が全て異なりますので、どの方法を選ぶのかはユーザー次第でしょう。もちろん、症状によっておすすめされる治療方法もありますので、専門医と一緒に決断しましょう。