薄毛

薬による治療方法

薄毛

髪が薄くなってきたと感じるのであればそれはAGAかもしれません。日本人の国民病と言っても過言ではないほどに患者と予備軍の数が多い症状ですので、AGAになる事そのものは恥ずかしい事ではありません。本当に恥ずかしいのは、AGAである事を隠し通し、何事もないかのように振る舞ってしまったがばっかりに本当に髪の毛がなくなってしまった時でしょう。治療にも時間がかかりますので、AGAと気づいてすぐに対処した方が良いのです。AGAの治療方法には色々な手段が選択出来ますが、大掛かりな治療をしたくないのであれば薬物治療を選択しましょう。内服薬や外用薬を使って治療する方法であり、自宅にいながらでもAGAを治療出来る方法となっています。そのため、AGAである事を隠したい人にとってはバレる事なく治療出来る方法として人気があります。

薬物治療に使用する薬として有名なのが、プロペシアやミノキシジルでしょう。この二つは世界中で使用されるほど人気が高い薬ですので、その効果の高さの証明となっています。プロペシアは医療機関でも取り扱われているほどメジャーな薬であり内服薬として活用されています。主な目的として、脱毛しないようにしてくれる効果があります。脱毛してしまう原因物質の阻害が主な役割であり、脱毛しなくなるのでそれだけAGAの治療速度がアップする事になります。ミノキシジルはタイプが多く、外用する事もあれば飲む事も出来ます。役割としては髪の毛を成長させる事にあり、血管を膨張させる効果によって髪の毛に栄養が行きやすいようにしてくれます。毛細血管がスムーズに流れない場合、栄養が運ばれなくなるので成長がストップしてしまいます。それを解消出来れば健やかに成長可能となるので髪の毛のが生えてき始めます。一つでも効果的ですが、両方の薬を使用しての治療を行なう場合もあります。互いに違う効果を持っていますので、併用した方がAGAの治療としては効果が高いのです。副作用もありますので、医師の元で診断を受けてから使用した方が無難です。一人で使用する場合は、使用方法や量などを絶対に守って使用しましょう。